格安航空券を知ろう、「早割」を利用する際のメリットと注意点!

青空を飛ぶ大きな飛行機

新着情報

◆2017/11/27
格安航空券を早割で購入する際のメリットと知っておくべき注意点の情報を更新しました。
◆2017/09/27
免責事項を新規投稿しました。
◆2017/08/21
沖縄観光者必見!おきなわワールドの見どころを紹介!を新規投稿しました。
◆2017/08/09
昭和の雰囲気が残るアメ横商店街を新規投稿しました。
◆2017/08/07
日本一高いビル!あべのハルカスの魅力を紹介を新規投稿しました。

格安航空券を早割で購入する際のメリットと知っておくべき注意点

航空券は早く購入すればするほど安くなるといわれていますし、これは本当のことです。ですが、安い値段には理由があるから安くすることができるのです。そんな格安航空券を早割で購入するメリットと注意点とは何でしょうか。

格安航空券を早割で購入するメリットとは

何と言っても、格安航空券を早割で購入するメリットとは値段の安さにあります。同じフライトで同じエコノミークラスであっても、出発日ギリギリで購入するよりも、もっと早めに予約・購入することによって、かなり航空券の値段は異なります。

そして、早割で購入した分、旅行費用が浮きますから、その分をホテルのグレードをいつもよりアップすることができたり、現地でちょっと豪華なレストランで食事をすることができるなんていうメリットもあります。

さらに、早めに航空券を購入すれば、「もしかしたら私が狙っているフライトはもう満席になっているかもしれない」と、イライラしたり、不安に思うこともなくなるので、安心を買うこともできます。

そして、見た目的には、早割で格安航空券を購入した人も、遅く普通料金で航空券を購入した人も、CAさんからの扱いは同じですし、シートに関しても、特に変わりありませんので、よりラッキーと思うことが多いといえるでしょう。

格安航空券を早割で購入する前に知っておくべき注意点

「早割が聞いているうちに格安航空券を購入した方が絶対にお得だから買っちゃおう!」と、何もその内容について把握していないで購入するのは、ちょっと危険かもしれません。大まかな早割格安航空券の注意点を知っておきましょう。

基本的に、格安航空券というのは、キャンセルはもちろんのこと、変更もきかないものが多いです。多少融通が利くものもありますが、無料ではできないものがほとんどです。キャンセル料や変更料がとられるのですが、これが数万円単位になります。

また、変更の場合には、これに差額が発生した場合はその分も支払ったりと、そのペナルティだけでもう1枚航空券が超えるのではないかということもあるほどです。それに、早割なのに、購入のタイミングを外してしまうと、もしかしたら、その後にもうちょっと航空券の値段が安くなるなんてこともあります(かなりレアなケースですが)。

その場合、差額が戻ってくるということはありませんので、購入タイミングについても気を付けるということがマストとなります。

割引航空券を利用して飛行機に乗る際の注意点

飛行機に通常の運賃で乗っている人ははたしてどれくらいいるでしょうか。大企業の社長や著名人、有名芸能人などでない限り、通常運賃を払っている人はほとんどいないのではないかと思います。多くの人は格安航空券を手に入れたり、「早割」などの早期割引サービスを利用してお得にチケットを購入したり、LCCを利用したりしていることでしょう。

安く飛行機に乗る方法

8割引シール
どうせならなるべく支出は抑えたいものです。
実際に格安航空券や「早割」、またLCCを利用すると通常の飛行機運賃の半額からそれ以上の格安金額で飛行機に乗ることもできるのですから、利用しない手はありませんよね。
格安航空券というのは旅行会社が航空会社からツアー客用に大量に仕入れた座席をばら売りしたものを指し、その中には「売れ残り」も含まれますが、大量に仕入れるから安くなるわけです。
このチケットが我々がお得に飛行機を利用できる激安飛行機チケットの正体という事ですね。

一方、「早割」は早期購入割引で早く予約するほど割引率が高くなり、中には80パーセントほどの割引率になる場合もあります。
LCCは格安航空会社のことで、これもまた大手航空会社の普通運賃と比較して半額からそれ以上安くなることが多いです。
ただし、こういった格安な金額で飛行機に乗る場合には、利用する際にいろいろと規制や規約があるので注意が必要です。

割引航空券を利用する際の注意

注意の文字ポップ
ここでは、「早割」を利用する際の注意点をいくつか紹介しておきましょう。
早割の他にもパックツアーと言う手段も有り、それについては別ページで解説しています。
ひとつ目が、割引率によって予約の締め切り時期が異なる点です。
搭乗日の何日前に予約するかのよって割引率が異なり基本的に早ければ早いほど安くなるのですが、その期間内で予約をしなければ1日遅れれば割引率が高くなってしまいます。

ふたつ目が、予約の変更ができない点です。
「早割」のほとんどは予約の変更ができず変更する場合には一旦キャンセルしなければならないのですが、そのキャンセル料がかなり割高なのです。
割引率が高いほどキャンセル料が多くなり、場合によっては運賃の半額程度になって安く利用するつもりが却って高くつくこともあるのです。

三つ目が、割引運賃の適用される座席数が多くないという点です。
つまり早い者勝ちとなるために人気の路線や繁忙期などにはすぐに売り切れてしまい、手に入らないこともしばしばというのが実情です。

さらにすべての路線や時期で割引を行なっているとは限らないので、自分の購入したいフライトのチケットが割引価格で手に入るかどうかがわからない点も挙げられます。
特に繁忙期には割引するフライトは少なくなるので、しっかりと航空会社のホームページをチェックする必要があります。

格安で飛行機に乗る際には、これらの点に注意することをおすすめします。