格安航空券を利用する際の注意点

青空を飛ぶ大きな飛行機

格安航空券を利用する際の注意点

誰もができるだけ出費は抑えたいと思っていることでしょう。
ですから、飛行機に乗るときでも運賃はなるべく安くしたいはずですよね。
近年は格安航空券を手に入れることも難しくないので、そういったものを利用することで支出を少しでも抑えることができるかと思います。
しかし格安航空券ならなんでも同じだというわけでもなく、いくつかの注意点があることも知っておくべきです。

早期購入割引や閑散期を狙う


たとえば購入する時期に関してですが、ANAやJALなどの大手航空会社の提供するいわゆる「早割」チケットは、予約開始日に購入することをおすすめします。
なぜなら、特に人気の路線や時期にはこういった割引対象の座席数は多く設定していないのですぐに売り切れてしまう可能性があるからです。
出発日の1ヵ月前も狙い目といえます。
その理由は、この時点からキャンセル料が発生するために事前の予約を手放す人が現れるのでチケットが入手しやすくなるからです。

仕事なら仕方ありませんが、旅行なら閑散期を狙うのも安く飛行機が利用できる方法です。
飛行機代が安くなるだけでなく客を呼ぶためにホテルや旅館が割引する場合もありますし、訪れる人が少ないのでじっくり観光できるといったメリットもあります。
可能であれば仕事中のちょっとした休憩などにインターネットからチケットを探してみるのはいかがでしょうか。

LCCとの競合を狙う

また、LCCと競合する時間帯を狙うのもいいでしょう。
大手航空会社ではLCCに対抗するために運賃を下げることもあるからです。
LCCは安い値段で飛行機に乗る手段のひとつですが、座席間隔が狭い、機内サービスや預け荷物が有料、遅延や欠航が少なくないなどのデメリットもしばしば耳にします。
もちろん安くなったからといってLCCの金額に適うわけではありませんが、これらのデメリットは解消されます。
一度LCCを利用した人が「もうLCCには乗りたくない」というケースも少なくないといいます。

安い理由を認識する

ただこういった格安航空チケットには安いなりの理由があります。
それは、たとえば予約の変更が不可である点です。
予約の変更をするのであれば一旦キャンセルをして、新たに予約をし直さなければなりません。
その際に掛かるキャンセル料が結構割高なのです。
したがってこういったチケットを購入する時には、日程の変更の可能性のないことが重要です。
また悪天候などで結構になった場合には乗り換え便を手配してもらえるのですが、格安航空チケットは後回しにされる可能性があります。
しかしながらLCCでは乗り換え便は自分ですべての手配を行なわなければならないことを考えると、まだマシと考えられるかもしれませんね。

  ← 前の記事:   次の記事: