安く飛行機に乗る方法

青空を飛ぶ大きな飛行機

安く飛行機に乗る方法

出張にせよ旅行にせよ、飛行機を利用する際にはできるだけ出費を抑えたいものですよね。
今や航空券を格安で購入する手段もいくつかありますから、正規の通常運賃で飛行機に乗っている人は大会社の社長や有名芸能人、またはお金の有り余っている人くらいといってもいいのではないでしょうか。

早期割引を利用する


では、航空券を安く手に入れる手段としてどんなものがあるのでしょうか。
そのひとつが、「早割」を利用するというものです。
早割とはJALやANAといった大手航空会社が提供している早期購入割引のことで、搭乗日よりも早めに予約・購入することで大幅な割引を受けられるというものです。
基本的に早ければ早いほど割引率は大きくなります。
早割を利用すれば通常運賃の30~40パーセントほどの割引があり、中には通常運賃の80パーセント程度の割引が受けられるケースもあります。
しかし、普通運賃のチケットと異なり、制限などもあるので、それらをしっかり確認してから予約することをおすすめします。

金券ショップで購入する

次は、金券ショップで購入する方法です。
金券ショップというとテレカやプリペイドカードなどばかりが並んでいるというイメージがありますが、実は最近では割引チケットの販売が主流になってきているのです。
その中には格安航空券もたくさん扱われているので、ぜひチェックしてみるといいでしょう。
早割ほどの金額は望めませんが、通常運賃で購入するよりも1~2割ほど安く購入できるケースが多いようです。
ただし必ずしも自分の希望する格安航空券があるとは限らないので注意が必要ですし、人気の路線や時期のチケットはすぐに売り切れてしまいます。

ツアーに申し込む

添乗員
また、ツアーを利用するのもいい方法です。
ツアーといっても添乗員が付いて団体でぞろぞろ歩くといったようなものではなく、航空券と宿泊施設がセットになったいわゆる「パックツアー」です。
日帰りでなく宿泊する場所が必要であればこういったツアーを利用すれば、飛行機と宿を別々に手配するよりもかなりお得に利用できます。

LCCを利用する

航空チケットを安く手に入れたいというならこれらの方法が挙げられますが、安価に飛行機に乗りたいというならLCCの利用もいいでしょう。
LCCは格安航空会社のを指し、近年その数を増やしています。
利用できる空港や便も増加しており、今や人気の飛行機での移動手段となっています。
ただし利用の際にはJALやANAといった一般の航空会社とはサービスやいろいろな点で異なる部分が多いので注意しなければならない点も少なくありません。

Similar Posts: