パックツアーを利用して飛行機代も宿泊代もお得に

青空を飛ぶ大きな飛行機

パックツアーを利用して飛行機代も宿泊代もお得に

最近はLCCの台頭や格安航空券が手に入りやすくなってきたとはいえ、飛行機代はまだ国内の移動手段として出費が大きいといえます。
旅行に限らず、出張などビジネスに利用する際でもなるべく交通費を安く抑えたいと考えるのは当然といえるでしょう。
LCCを利用したり格安航空券を購入するのもいいのですが、ここではパックツアーを利用して安く飛行機に乗る方法を紹介したいと思います。

飛行機と宿泊のセット

パックツアーというと添乗員の付く団体旅行を思い浮かべる人も少なくないかもしれませんが、ここで紹介するのは飛行機と宿泊施設がセットになったものです。
現在は多くの航空会社で自社便と宿泊施設を組み合わせたパックツアーを販売していますし、旅行会社でも同様です。
このパックツアーは飛行機と宿泊場所を個人で別々に手配した際に掛かる金額よりも非常に安くなっているのが特徴です。
仕組みとしては、飛行機運賃が団体割引運賃になっていることと事前に宿泊を抑えてあるので割安になっているのです。

パックツアーのメリット

ホテルのシルエット
このパックツアーのメリットはたくさんあります。
まず、前述したように航空券と宿泊代が安くなるのに加えて、航空券の場合は早期購入割引等の購入時期によって金額が変動するのに対してパックツアーならいつでも同じです。
つぎに、部屋の確保がしやすい点が挙げられます。
直接ホテルへ電話をしても満室といった場合もよくありますが、パックツアーからなら問題なく確保できたという経験をお持ちの方もあるのではないでしょうか。
これは航空会社や旅行会社が事前にホテルの部屋を10〜20室ほど抑えてあるので、ホテル側が勝手に販売できないのが理由です。
他にも、部屋のアレンジが可能であったり予約期限が一週間前までとかなり直前まで可能な点、さらにツアーによってはホテルや周辺の施設で使用できる金券やクーポンがついていたり、割引券がもらえたりといった特典もよくあります。
また、宿泊は必要ないけれども安く飛行機を利用したいという人なら、航空券だけ利用して宿泊をキャンセルするという方法もあります。
普通に飛行機に乗るよりもパック料金のほうが安い場合もあるからです。

パックツアーのデメリット

このようにメリットの多いパックツアーですが、デメリットもあります。
それは、出発の20日前から予約の変更や取り消しが不可なので、変更が生じた場合は改めてパックの予約をし直さなければなりません。
また、急に早く帰らなければならなくなったときに飛行機に空席があっても変更はできません。
さらに、飛行機には空席があっても宿泊施設が満室ならパックツアーの予約はできないといった点があることも認識しておきましょう。

  ← 前の記事:   次の記事: